レディ

借入する際のポイント

キャッシングは急なお金の出費の際には大変便利なサービスです。しかし金融機関によってそのサービス内容も適用される金利も違って来ますので、比較検討する事が必要です。賢くキャッシングをして、返済期日を厳守する事で生活にゆとりと安心をもたらします。

詳しく見る

男女

不動産がある場合には

多額のお金を借りる場合には金利がとても重要となってきますが、その場合に選択肢の一つとして挙がるのが不動産担保ローンです。所持している不動産を担保にすることで利用出来るローンであり、他のローンよりも低い金利で借りることが出来るというメリットがあります。

詳しく見る

貯金箱

マネープランが建てやすい

フラット35は金利が変わらないという特徴を持つ住宅ローンです。マネープランが建てやすい、繰り上げ返済がしやすいといったメリットがありますが、推移次第では損をするおそれもあります。推移が予測できるなら変動金利の方がよいこともあります。

詳しく見る

電卓

下限や上限と審査に注意

少しでも低い金利でキャッシングしたい場合、比較をするにあたっては目先の低い金利ばかりに注目してはいけません。一律の設定なのかや審査の結果、個々に判断される下限と上限を設定しているタイプなのかを確認し、貸付条件や審査基準、自身の信用力を踏まえて申し込むのがおすすめです。

詳しく見る

お金

大口借入で低金利

大口の限度額が準備できて低金利が特徴の不動産担保ローンは、毎月の返済金額を少額に抑えて長期的に返済をしていくことができます。総量規制の適用対象外であるため、年収の3分の1以上の借り入れをすることも可能です。

詳しく見る

最も有利な住宅ローン商品

財布

返済負担軽減に繋がる対策

夢のマイホームを手に入れる上で最も大事なのは、費用面で不安要素を抱えないことです。つまり、余裕を持って住宅に投資出来る経済力を身に付ける必要があります。そうした場合でも、毎月の返済の負担を軽減する対策として、金利面で有利な住宅ローンを利用することが挙げられます。特に、フラット35は、返済期間中の金利が一定で推移を見守る必要がありませんので、返済計画を立て易いというメリットがあります。また、フラット35を利用する為には、幾つかの適用条件を満たす必要がありますが、他の住宅ローンと比べて審査が緩く、保証料や繰り上げ返済手数料が掛からないということもあり、受付窓口となる各金融機関では、フラット35の利用促進の為の宣伝活動が行われています。フラット35の利用に関して、住宅金融支援機構から提供される金利推移を見守ることは、マイホームを手に入れるタイミングを計る上で欠かすことが出来ません。何故なら、各金融機関に対して住宅金融支援機構から毎月金利の範囲指定があり、その範囲内で各金融機関が独自に金利を定めているからです。更に、過去の金利推移と最新の金利推移を比較し分析することは、大きな流れを捉える上で非常に大事な取り組みです。その他にも、各金融機関では、独自性を高める為に、金利面での有利さを売りにしたり、負担軽減に繋がるサービスの提供を強化したりしていますので、このような取り組みは、借入先を決める上で大事な判断材料となります。