大口借入で低金利

お金

ゆとりの返済

金融機関からお金を借入れしたいが、総量規制の影響があるため年収の3分の1以下までしか借入れすることができない、大きい金額が入り用になった時には、不動産担保ローンを検討してみるという手があります。不動産担保とは、土地や建物を担保として借入れをするローン商品です。キャッシングなどは、担保や保証人不要で借入することができますが、限度額は少額で金利が高めに設定されています。それが、不動産担保ローンであれば総量規制が適用対象外の商品になりますので、大口の借入れをすることができ、金利も低金利で利用することができます。なぜ、大きい金額と低金利を実現できるかというと、契約時に担保とする不動産に金融機関が根抵当権を設定するからです。借入者が、万が一返済不能になったとしても最悪担保設定していた物件を競売にかけすることで、貸付した金額を回収することができるためです。そのため貸す側も安心して融資をすることができるので、もちろん返済能力を加味してですが大きい金額を低金利で貸し付けすることができるのです。また商品のタイプによっては、毎月利息だけの返済で最終取引の時に物件売却を前提に一括完済することができる商品もあります。毎月の返済金額を少額に抑えて長期的にゆとりをもって返済することができます。また、消費者金融で取り扱っている不動産担保ローンであれば、最短で3日程度遅くても一週間程度でスピード融資するローンもあります。